医療法人 萌生会 大道クリニックのホームページへようこそ!!

 

めばえ会

 

めばえ会概要

めばえ会概要
 
めばえ会とは、医療法人 萌生会 大道クリニックにおける透析者の会です。
 

大腎協など透析者独自の活動のほか、めばえ会企画によるスタッフとの合同行事として

毎年春のバス旅行・親睦会など家族ぐるみで行っております。
 

「めばえ会」では当院の透析者にご参加して頂いております。

当院では出来るだけ患者という意識を取り払おうとして、患者と言わずに透析者というようにしています。

 

めばえ会活動ブログ

めばえ会活動ブログ
フォーム
 
2018年 めばえ会勉強会 ≪自分の足は自分で守ろう≫ ~フットケア~
2018-02-07
院長御挨拶
講演

今回の記事はめばえ会会長 川崎博様から頂きました。

 

91613301530 八尾プリズムホール4F研修室において、単独の学習会としては過去最高40名の透析者が参加して開催されました。

【自分の足は、自分で守ろう!!】をテーマにフットケアについて学びました。

「わかりやすい説明・上手なMC、そして爆笑あり」と素晴らしい学習会でした。

 

1部では、「透析の現状」「足の病気の怖さ」「足の役割」などについて話があり、

2部では、セルフケア(自分自身で手入れする)のポイントとして、色々なケア方法について細かく話がありました。

ところどころに『劇団大道組の寸劇』(爆笑コント?)で大笑い♡

直前のお話がより強くインパクトを受け、スーっと頭に入ってきました。

『劇団大道組』はスタッフ多数(看護師・技士・ヘルパー・クラーク・受付)が出演者をつとめ〝吉本″顔負けの演技にビックリ!! さすが大阪のおばちゃん… いやいやお姉さん!?

 

「まじめなケアの話」と「爆笑寸劇」。「緊張」と「緩和」をうまく取り入れた見事な構成・演出には驚かされました。

一部、二部あわせて約2時間、あっという間にすぎ、参加者の大きな拍手で終了しました。

われわれ透析者の為に、勤務外時間に会議を重ね、これほどの素晴らしい学習会を企画いただいたスタッフの皆様に感動するとともに、感謝いたします。

本当にありがとうございました。

 次回の学習会が今から楽しみです。より多くの透析者の参加を期待しています。

 

アンケート結果

・フットケアの必要性がよくわかった(女性)

・とても勉強になりました(女性)

・寸劇 面白すぎ!!(女性)多数

・クリームの塗り方、勉強になりました(女性)

・フットケアの重要性は分かっていたつもりだったが、再認識しました。(男性)

・足の切断スライドを見て、フットケアの大切さがわかった。(女性)

・わかりやすい説明に、スタッフの努力がよく分かった。(女性)

・今までやったり、やらなかったりしていたが、毎日すこしづつやるようにします。(男性)

・できることから始めます。これからは分からないことは、スタッフに聞くようにします。(女性)

・「足浴の温度」「市販の魚の目パッチのこと」「クリームの塗り方」など間違わないようにしたい(男性)

 

 
2018めばえ会バスツアー
2018-06-02
更新が遅くなりまして申し訳ございませんでした。
平成30年5月27日(日) 今回のバスツアーは京都府 嵐山方面へいってきました。
 
1週間前の天気予報ではナント“雨” 『京都には雨が似合う』かもしれませんが、なんとか降りませんようにと願ったおかげか、当日はよい天気に恵まれました。
 
まず、農畜産物直売所『たわわ朝霧』さんにお邪魔し、早速のお土産タイム♪
たくさんのお客さんがいらっしゃいました。
“たわわ朝霧”さんを後にし、午後の行程を前に『渓山閣』さんでまずは腹ごしらえ。
ボリュームある食事をおいしく頂きました。
 
午後からは本日のメインである『トロッコ列車』に乗車してきました。
保津川を横目に約30分優雅なひと時を過ごした後は嵐山竹林の散策です。
こちらは優雅どころか“人・人・人~ crying ”残念ながら流れに沿って歩いている状況でした。
 
嵐電 嵐山駅周辺で少しの自由行動の後は、最後の観光所『三十三間堂』に向かいました。
ここでハプニング発生 嵐山で少々時間オーバーし、16時30分の入館に間に合わない!
時計とにらめっこしながらギリギリセーフで入館できました。
 
今回も参加者皆さん怪我なく事故なく楽しむことができました。いつも企画を考えていただくめばえ会会長を含め役員の皆さんありがとうございます。
 
2018年 NPO大腎協 東大阪ブロック学習会
2018-02-07
大腎協会長御挨拶
講演
平成30年2月4日(日)柏原市立市民プラザ(アゼリア柏原6F)において、NPO大腎協 東大阪ブロック学習会が開催されました。
気温4℃の寒い中、東大阪ブロックの各地から60数名の方が参加されました。
大道クリニックからは透析者・スタッフ併せて14名が参加。
講師に大道院長を迎え、主題『楽しい透析~元気で長生きする為に~』
①朝の透析現場でのナースと患者の日常会話の意味。
②徐々にダメージを与える石灰化の怖さ
③延ばすべきは健康寿命
④透析室でのストレスを溜め込まないコミュニケーションとは
⑤透析スタッフは何を考えながら仕事しているか
⑥生きるための気持ちの持ちよう(癌経験を踏まえて)
の6項目を休憩をはさみ、約2時間の公演を行いました。
 
院長ご自身の体験(癌経験)を踏まえ、医療人そして患者としての立場で透析(腎臓病)の精神心理及び身体的影響などについて詳しくお話頂き、参加された皆さん熱心に聞き入っていらっしゃいました。
生きるためにやらされている(・・・・・・・・・・・・・)』のではなく『生きるためにみずからやる(・・・・・・・・・・・・)』という気持ちの持ちようで、楽しくもあり、苦痛にもなる。不安(ストレス)などがあれば、ドクター・ナースに、時には仲間(透析者)とコミュニケーションをとり、自己管理し透析知識(データー・透析条件など)を学び前向きな姿勢を心がける事が『楽しい透析・・・』へと繋がる。 
 
講演後の質問コーナーでは多数の質問があり、時間を若干オーバーしましたが、学習会は無事終了しました。
<<医療法人 萌生会 大道クリニック>> 〒581-0074 大阪府八尾市栄町1-1-10 TEL:072-994-7331 FAX:072-993-5229