医療法人 萌生会 大道クリニックのホームページへようこそ!!

 
 

活動ブログ

活動ブログ
フォーム
 
マラソンは人生と似ている…
2011-10-12

私は今まで“ウサギとカメ”の物語で言うとどっちかと言えば、ウサギ的な人生を送っていました。

 

人生も若い頃はウサギタイプが目立って花を咲かせる事がありますが、最終的にはコツコツタイプのカメが勝利を手にするのです。

 

まさにマラソンでその人生観を目の当たりにしました。

 

フルマラソンで例えるなら、最初は勢いよく走り始めても35キロ以降からは明らかにスピードダウンしてしまいます。

 

そこで歩いてしまってはどんなに前半にイイペースで走っていてもマイペースでゆっくり走り続けているランナーに抜かれてしまいます。

 

体力的・精神的にどんなに苦しくなっても、立ち止まらずに走り続ける事が大事なのです、人生の歩みと同じように。

 
走りを継続させる秘訣
2011-10-07

ずばり、マラソン大会に出場するです。

 

例えばテストがないと、なかなか勉強も継続して頑張れるという方は少ないのではないでしょうか。

 

大会に出場すると、色々な刺激をもらいます。

 

電車で遭遇すれば思わず席を譲ってしまいそうな方でも自分より速く走られる方はたくさん目にします。

 

自分の情けなさが浮きぼりになりますが、それ以上にやればまだまだ出来るのだ!という勇気をもらえます。

 

そして、周囲を巻き込む事です。

 

自分から誘って走ったり大会にエントリーする事によって途中でやっぱり止めた~って訳にはいきませんからね、『有言実行』というやつです。

(まぁ、私の周囲にはその犠牲になっているMRさん達もたくさんいますが…)

 

 
初めの練習方法
2011-10-03

走るという行動は単純で誰でも出来る行為であると思います。

 

しかし、30分・1時間走り続けなさいというと実はなかなか出来ないものです。

 

いきなり何キロ走るというのではなく、まずは遅くてもいいから同じスピードで10分走り始め、それが出来たら20分・30分と延ばしてゆき1時間走り続けられるようになれば、まずはランナーと言っても良いでしょう。

 

そして、何よりも楽しく走る事が継続の秘訣です。。。


 
走る楽しさ
2011-10-01
短距離ではいくら頑張っても、その人の年齢やポテンシャルに大きく依存し、ある程度年をとってからBest Timeが出る事はまずないでしょう。
 
しかしマラソンは、練習すればするほど、Timeは短縮できます。
 
『走った距離は嘘をつきません!!』
 
それほど、正直に結果に表れてきます。
だからやっただけ、年をとっても右肩上がりなので止められません。
 
 
 
 
私が走り始めたきっかけ・・・
2011-09-29
まだ勤務医時代にマラソンなどはほとんどしたことはなかったのですが、たまたま同じ病院のレントゲン技士さんと根性試し的に夏の須磨海岸で神戸アクアスロン(Swim 1km+Run 10km)という大会に出場しました。
 
大学時代に水泳はやっていたので前半は半分より前の方で陸にあがったのですが、ランで見事にゴボウ抜きされ、結局、完走した中でブービー賞でした。その時の屈辱感は今でも覚えています。
老若男女問わずの大会なので、自分よりかなりお年を召している方にも軽く抜かれて行きました。
 
負けず嫌いだった私はなんとか走る事も練習しなくては・・・ 
これが私の走り始めた原点です。
 
 
<<医療法人 萌生会 大道クリニック>> 〒581-0074 大阪府八尾市栄町1-1-10 TEL:072-994-7331 FAX:072-993-5229