医療法人 萌生会 大道クリニックのホームページへようこそ!!

 

当院の透析食について

 

透析食のポイント

透析食のポイント
 
初めに.透析食とは
透析食は特別な食事ではありません。
しかし食べ方に工夫が必要な点があります。
以下に一般的なポイントをあげてあります。
具体的な個々の食事量は医師や栄養士にお尋ね下さい。
何かご質問、ご意見がございましたら
当院管理栄養士までお問い合わせ下さい。
 
1.バランスの良い食事を
主食 ご飯 
大事なエネルギー源です。

毎食グラムを決めて食べましょう。

主菜 おかず
肉・魚・卵などのタンパク質を主とした大きいおかず。
過不足なく毎食適量を摂取することが大事です。

副菜 おかず
野菜を主とした小さいおかず。
煮物が重なると塩分の摂り過ぎになります。1品は酸味の
ある料理を使用するなどで減塩を。

上の献立のように主食、主菜、副菜2品の形をとると
食事のバランスがとりやすくなります。
 
 
2.適切なエネルギーをとる
エネルギー不足は体力の低下、貧血、食欲不振などをまねきます。
活動量に合ったエネルギー摂取を心がけてください。
 
ドライウェイトが下がっていく方は、油の利用、ご飯の量が
減っていないかご確認下さい。
 
3.タンパク質は必要量を守る!
タンパク質のとり過ぎは尿素窒素(BUN)やリン(P)の上昇につながります。
タンパク質不足は貧血や低たんぱく血症等の栄養障害を起こします。
 
毎食適量を採りましょう!!
 
 
4.水分を控える
体重増加が多い方は、飲水だけでなく、献立や食材を選び、
料理から入ってくる水分も減らしましょう。
 
☆献立の水分量☆
煮物・汁物・鍋物→水分が多い 炒め物・揚げ物・焼き物→水分が少ない
 
☆注意する食材☆
水分の多いもの→果物・缶詰・大根・こんにゃく・豆腐など
水分の多い間食→プリン・ゼリー・ヨーグルト・アイスなど
 
透析間の体重増加が多いと言われている方は上記の点にもご注意ください。
体重増加を減らす為に食事を抜いたり、極端に減らすことは良くありません。
 
 
5.塩分を控える
塩分の取り過ぎは血中のNa上昇に繋がり、のどが渇き飲水を促します。
その結果、体重増加につながります。
 
☆献立を工夫して楽しく減塩を☆
・加工食品は控えましょう。
・汁物は多くても1日1回までにしましょう。
・酸味や香辛料、香味野菜なども利用して美味しく減塩を。
・洋風の調味料も使用しましょう。
 醤油よりソースやケチャップのほうが塩分含有量が少ないです。
・食べる量が多くなると摂取塩分も増えます。適量摂取を心がけましょう。
 
6.カリウムをとり過ぎない
カリウムは、心臓・筋肉の働きを調整し、細胞内液の浸透圧を一定に保つ働きがあります。
透析者は尿中に排泄されないため、高カリウム血症になるおそれがあります。
 
手指がしびれる、唇がしびれる、だるい、胸が苦しいなどの症状が出現し、
ひどい場合には、心臓が停止します。
 
食品に含まれるカリウムを減らす、多く含まれるものを食べすぎないなどの工夫が必要です。
 
☆カリウムを減らして食べる☆
カリウムは水にとける性質があります。
たっぷりの水で最低30分さらしたりす、又は、ゆでこぼす(ゆがいたお湯を一度捨てる)
処理をしましょう。
 
☆カリウムが多く含まれる食品をとり過ぎない☆
・果物は1日50g程度を目安とし、特に多く含まれるバナナ、メロン、キウイは控える。
・イモ類は必ずゆでこぼし、摂取量にも注意する。1日50g程度を目安に。
・乾物、種実類は控えるようにする。
・豆類や海藻類もとり過ぎに注意。
・肉や魚にもカリウムは多く含まれます。1日の摂取量ないで食べるようにしましょう。
 
 
7.リンを控える
透析者では、リンが排泄されにくくなり、高リン血症となります。
リンがたまると血中のカルシウムを低下させ、骨がもろくなったり、痛み、
かゆみが出てくることがあります。
また、透析が長期になってくると2次性副甲状腺機能亢進症の原因になります。
リンはどんなものにも含まれますが、特にタンパク質源のものに多く含まれています。
 
食べ方やリンの多く含まれているものを控えるなどの注意が必要です。
また、加工品や市販の品には防腐剤として、リンが入っている場合があります。
 
☆リンが高い時に注意すること☆
・牛乳、チーズ、ヨーグルトなどの乳製品を控える。
・肉、魚、卵は適量をこえて摂取しない。
・レバーは控える。
・納豆は特にリンを多く含むので控える。
・インスタントや加工食品を控える。
・干した魚、つくだ煮、骨ごと食べる魚は要注意。
・処方されたリンの吸着剤は忘れずに服用する。
<<医療法人 萌生会 大道クリニック>> 〒581-0074 大阪府八尾市栄町1-1-10 TEL:072-994-7331 FAX:072-993-5229